2020年4月12日日曜日

20200412 2025年まで事業継承を

なんて若い人にいう必要はないでしょうけど、2025年問題は色々な余波があります

まず、高齢になれば認知症になる可能性が高い

つぎに成年後見人を選出せねばならない

法定後見人か任意後見人か

痴呆になると法律行為ができない

残された人たちはそのまま会社経営とかを続けようとする

すると、それは代理行為になる

あれ?それは違法で無効になるのでは?





おっと!!!

それはヤバい

何しろ日本の平均寿命が伸びている

そして健康寿命はまだまだ追いついていない

ここ(3月16日の投稿)にも書いたが10年以上寝たきりになるぞと。


ましてアパートとか経営は株式会社ではなく、個人経営だったりする。

その場合、勝手に後見人なしで賃貸借契約を結んだりして、アパート経営の維持をしようとしたらアウトになります。


0 件のコメント:

コメントを投稿